ホーム

六マリアの悲劇・真のサタンは、文鮮明だ!!

「六マリアの悲劇」ビデオ


統一協会はセックス教団だつた!

人妻を奪って財産を捲きあげ、処女に産ませた文鮮明の悪行。

元側近中の側近で、統一協会創立者の一人だった著者が、

「死ぬ前にすべてを明かす」と綴った遺書がわりの手記!

《巻末証言――六マリアの一人と、セックスリレ一実践者の告白》


文鮮明語録 (本女より

「それは、イエスがこの世の中に生まれて達成できなかった、女の人たちとの復帰だ。まず、天使長ルーシェルとのセックスによって奪われたものを、それと同じ方法で、夫がいる人妻六人、すなわち六人のマリアを奪い取ることによって取り戻さなければならない」

「六マリアを復帰したら、 再臨のメシアは次に、セックス経験のない処女を選んでエバと定め小羊の儀式をする」

「この世の中はサタンが仕切っているが、 この世の中のすべての財産は本来神様のものだから、サタンが使っているもの(夫のお金や家にある財産)は全部、盗んででも私に献金しなければならない。世の法律には触れても、神様は許してくださる」

恒友出版

ノンフィクションブックス
2291‐931006

http://kito.cocolog-nifty.com/topnews/cat390642/index.html

「オウム真理教事件も含め、戦後日本のカルト事情を考える場合に、宗教法人世界基督教統一神霊協会(以下「統一協会」とする。)への行政の対応処理の誤りを抜きにして語ることはできない。

統一協会は、いわゆる霊感商法による違法な資金集めや、伝道目的を隠してビデオセンターに誘い込んで行う詐欺的伝道、及び、いわゆる合同結婚式など、さまざまな社会問題を起こしてきた。

このため後掲「統一協会の責任を認めた民事判決の概要」のとおり、多数の訴訟を通じ、資金獲得活動、伝道活動という宗教法人としての活動の根幹部分に加え、合同結婚式勧誘活動という統一協会の宗教活動の根幹部分についてまで、最高裁判所において違法性を認められた前例のない稀有な宗教法人となっており 、もはや違法集団と呼んでよい宗教法人である。

しかも現に裁判所で争われ、そして、最高裁判所の判決が出された後も、統一協会の被害は続いており、統一協会の遵法意識の著しい欠如からは、もはや民事的な解決では、統一協会の暴走を止めるのは難しい状況にあって、このような統一協会の暴走を放置してきた行政の怠慢は甚だしいというほかない状況にある。

統一協会が、全国の信者を駆使して霊感商法を始めたのは、1970年後半にさかのぼる。国民生活センターが全国の消費生活センターに調査した結果によると、昭和51年11月から昭和57年11月までの、全国の消費生活センターに寄せられた被害相談件数は2633件、被害相談額は16億9976万2000円にのぼると報告されている。

しかしその後も行政は、霊感商法への対応や対策をほとんど取らなかったため、1980年代後半には、霊感商法被害は深刻をきわめることになる。

筆者が事務局をつとめる弁護士の組織である全国霊感商法対策弁護士連絡会は1987年5月に結成された。以来、同連絡会は、霊感商法被害者への相談電話窓口を設置しているが、2009年までの22年間の相談件数は3万1662件、相談被害総額は1099億1118万9947円にものぼっている。2009年の被害相談額だけで、37億3693万7301円という巨額な数字である。もちろんこれは相談だけの数字であるから、被害暗数は、その100倍にものぼる可能性がある。

このように霊感商法問題は、最少で見ても、過去に3万4000人以上、1100億円を超える被害が存在したにもかかわらず、長年、国により放置されてきた深刻な宗教被害である。ようやく警察により、霊感商法の摘発が開始され始めたのは、ここ数年のことにすぎない。

このため長く霊感商法の救済はやむなく被害者側において、民々の問題、すなわち民事訴訟法上の救済しか求めることができなかった。霊感商法に対する民事判決が刑事判決に先行するのは、これが理由である。

国のこうした霊感商法被害への認識の甘さは、「統一協会がやる程度が許されるのだったら、うちも許される」という甘えを日本社会に蔓延させ、1995年3月に、地下鉄サリン事件が起きるまで、宗教法人オウム真理教を野放ししたという悲劇的な結果まで生み出すに至った。

そして統一協会の問題に限らず、オウム真理教事件以後も、霊感商法が日本に蔓延している背景には、統一協会問題への対応を誤った国の無策という日本特殊の事情を無視できない。

日本社会は、オウム真理教事件からようやく10年以上を経て、ようやく近時、警察が、統一協会の霊感商法にメスを入れ始めたが、なお現時点でも捜査は、統一協会という教会組織にまでは及んでいない。

今後は、統一協会の全国的組織的な霊感商法問題につき、その指揮系統問題も含めて、真相解明のための捜査を期待したい。真相解明の捜査こそが、日本のカルト被害の防止と被害者の救済につながる。」


窓口別被害集計 (1987年~)

世界平和統一家庭連合による信者の搾取は裁判で違法行為と判決


ホーム


書籍の内容

六マリアの悲劇―もくじ

本の紹介

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章

第六章

第七章


雑誌

1. 私が目撃した統一教会·文鮮明教祖の「SEXリレー」のすべて

2. 日本人妻はなぜ韓国人夫を殺したのか?

3.「私の一族は統一教会の餌食にされた」 崔淳英

4. 最初の妻 崔先吉女史 が告白! 「文鮮明教祖の性の祕密」

5. 統一教会女性信者が自殺した 「四千人」南米大移働の謎

6. 中村敦夫 vs 統一教会「混淫派·血分け」論争の核心

7. 統一教会に入信して殺されたわが兄

8. 「血分け問題」に重大証言

9. 統一教会合同結婚式 日本人妻たちの「肉声」

10. 文鮮明教祖の「血分け」ルーツで 浮上した「女子大事件」

11. これが『統一教会』の秘部だ

12. 統一教会の日本人花嫁数千人が韓国農民に宛われた
.     韓国農民にあてがわれた統一教会·合同結婚式日本人妻の「SEX地獄」


神学

東京近郊の宮崎台研修センターの統一教会員が書いた「血分け問題」です。(本人の講義ノートによる)

勝共連合

シャーマニズム

淫教のメシア • 文鮮明伝    萩原 遼   (著) 

原理からの回復

金百文の教えについて

丁得恩 / 鄭得恩


関連書籍

▶ 悪影響

—  統一協会の伝道とマインド·コントロール

—  マインド·コントロール

—  マインドコントロールに関する六冊の本

原理運動の素顔

▶ 洪蘭淑

—  わが父文鮮明の正体 – 洪蘭淑

—  わが父文鮮明の正体 – 洪蘭淑 2

—  わが父文鮮明の正体 – 洪蘭淑 3

—  わが父文鮮明の正体 – 洪蘭淑 4

—  TV番組「60分」で洪蘭淑インタビュー

—  文鮮明「聖家族」の仮面を剥ぐ – 洪蘭淑

統一協会の素顔 — 川崎 経子

愛が偽りに終わるとき – 山崎 浩子 (著)

統一教会 – 日本宣教の戦略と韓日祝福

カルトからの脱会と回復のための手引き《改訂版》 

検証·統一教会=家庭連合─霊感商法·世界平和統一家庭連合の実態  山口広 (著)

統一協会から愛する人を助けるために  マインド・コントロール研究所  (著)

大学のカルト対策

帝国の慰安婦 植民地支配と記憶の闘い   朴 裕河 (著)


その他

「六マリアの悲劇」ビデオ

▶ 文鮮明のために日本から献金

—  統一教会 日本から「4900億円送金リスト」を独占入手!

日本の信者はワゴン車で24時間寝起きして

—  統一教会教団内部ビデオ(1998年1月に撮影)

文鮮明、女性会員から金を搾取

窓口別被害集計 (1987年~)

世界平和統一家庭連合による信者の搾取は裁判で違法行為と判決

旧統一教会に3400万円の賠償命令、元妻の無断多額献金を組織的に指示と認定

川瀬カヨと「天運教」

巧妙だよ。

統一協会の責任を認めた判決の概要

献金の使い道

▶ 韓国語の資料

문선명의 정체! (1)

진정서 “25년동안 속았읍니다” 송 부 웅

홍난숙

박사무엘 비디오의 대본

박사무엘: 제가 받은 피드백에 답하여 2015

유호민 – 통일교회의 경제적 기반에 공헌하고 배신 당했다.

유신희 – 6마리아의 한 사람 이었다.

김덕진 – 섹스릴레이의 실천자

—  1955 통일교 – 사교여부 는『노 | 탓취』

—  김백문의 ‘섹스 타락론’, 무엇을 말하나

—  丁得恩

통일교 여성 피해자의 체험담 (K씨)

여성신자U씨의 체험담

 

統一教会史から抹殺された事実

ドキュメンタリー映像:全宇宙の帝王

トレーニングセッションの意義

「合同結婚式、6500人の行方を捜して」被害者家族が訴え

韓国に渡った統一教会日本人女性信者の実態

北朝鮮に潜水艦を売っていたのは統一教会系企業だった

元早大総長が集団結婚を徹底批判 統一教会

桜田淳子氏のタレント活動復帰に反対


証言

韓国よ、私の姉を返せ!!

サム·パークビデオの書き起こし文

韓国人であることが恥ずかしい

山崎浩子 vs 林真理子   独占対談

文鮮明教祖の「血分け儀式」内容全告白 – 元側近·金徳振牧師

創立同志が告発する統一教会文鮮明の正体

元統一協会員の証言

ドナ·オルメ·コリンズ氏の証言

28年間、統一教会やKCIAと戦った卓明煥の証言

三人の元統一教会員の証言です

統一教会問題と私、及びその未来 – 西川 勝氏

二つの証言

···とある、現役の食口からのメッセージ


文鮮明の師・金百文は、「神との性的統一」こいう言葉で「性的統一」 を「体礼」と称する贈罪の第式に定め、これを宗教運動として広めることまで提唱した。復帰論という奇怪な理論もまた金百文の復帰原理の完全なうけ充である。

最初の逮捕は一九四六年八月一一日。文鮮明は、混淫による社会秩序混乱容疑で大同保安署(警察署)に三ヵ月拘留されたのについで、一九四八年二月二二日、またも主婦・金鍾華さんとの強制結婚事件で内務署に逮捕された。……四月七日懲役五年の判決を受け、文は、興南刑務所に服役することになった。

統一教会の集団結婚式とは、世にも奇怪な秘儀集団であつたのだ。サ夕ンの血を抜きとり、聖なる神の血を注入するといの血分け教義に基いて、聖血をもつたメシアが女性信徒に性交を通じて尊い血を分けるという …………

統一協会はキリスト教を自称しているが、初伖の性交時の体位や回数、位置などまで重要儀式として定めたキリスト教がいったいどこにあるのか。統一協会こそ、なにも知らない無垢な青年男女をキリスト教を詐称することによっておびき寄せ、とりこみ、あげくはセックス儀式によって文鮮明に固く縛りつけ、思いのままにあゃつるセックスを教義の中心にすえに秘儀集団であることは明らかであろう。

淫教のメシア・文鮮明伝 – 萩原遼


わが父文鮮明の正体 – 洪蘭淑

文鮮明は正式な神学教育は一度も受けていない。

文師の教えは『原理講論』に書かれている。これは、文師によれば、祈りや聖書の研究、神や 偉大な予言者たちとの会話を通して受け取ってきたという啓示の数々によって、長い歳月のあい だに形作られてきた文書である。『原理講論』は統一教会の中心的文書だが、実際には文鮮明が 書いたのではない。教会の初代会長で文師の最古参の弟子のひとり劉孝元が、啓示についての文 師のメモとふたりの会話に基づいて書いた、といわれている。

天の啓示によって書かれたにしては、『原理講論』はひどく模倣的である。約五百五十六頁か らなる統一教会の神聖なテキストは、シャーマニズム、仏教、新儒教、キリスト教の合成だ。聖 書、東洋哲学、朝鮮の伝説、そして文師の若いころの大衆宗教運動から借りて、文師を中心にし た一枚のパッチヮーク神学に縫い合わせたものである、と各方面の研究家は書いている。

統一教会の現代的なルーツは天道教という十九世紀の宗派に見いだすことができる。天道教は もともとは東学、つまり東洋の学問と呼ばれ、朝鮮の伝統宗教と密接に結ばれていた。統一教会 と同様に、天道教はすべての個人の霊は神に作られたのであり、われわれの魂は永遠で、すべての宗教はいつの日か統一されると教えている。

「人間の堕落」はエバ(イヴのこと)が禁断の木の実を食べたからではなく、悪魔と性的に交わったか らだという統一教会の中心的教義さえも、文師が創設した考えではない。彼はこの理論を、一九 四六年にイスラエル修道院で金百文という名の予言者の下で六力月間勉強していたときに教えら れた。金はエデンの園は血を清めることによってのみ取り戻すことができると教えた。この理論 では、エバの罪はサタンの血統を通じて新世代に伝えられたと考える。結婚して、罪なき子供た ちを生み出すことで、人間の血を清めるのもイエスの使命の一部だった。イエスは神の意図を実 現する前に殺された。その結果、イエスの死は世界に霊的救済をもたらしたが、肉的救済はもた らさなかった。

こう信じていたのは金ひとりではない。金聖道は一九三五年に北朝鮮のチュルソンで聖主教団 を創設した。彼女はイエスが彼女の前に姿を現し、「人間の堕落」の性的性格について、同じよ うな説明をあたえ、新たなメシアが朝鮮に再来するとの約束をしたと主張した。彼女は自分の追 随者たちに、再臨の主を迎えるのに充分に清らかな環境を作るためには、結婚においてさえ性的 な禁欲が必要なのだと説いた。彼女の死後、その追随者たちは統一教会に加わり、文師をメシア として受け入れた。
『原理講論』は朝鮮の宗教思想における長いメシア信仰の伝統に借りがあることを認めている。

第三のイスラエル(統一教会では旧約聖書の時代を第一、新約聖書の時代を第二、現在の統一教会を第三のイスエルと称している)として、朝鮮の国は丑覃にわたる李王朝の統治以来、正義の王はこの土地に出現し、そして千年王国を確立することによって、 世界のすべての国から称賛を受けるだろう、と信じてきた。この信仰が人びとに、きたるべき 時を待ちながら歴史の苦い流れを耐え忍ぶよう励ました。これは朝鮮の人びとが予言の書『鄭 鑑録』に従って信じた真にメシア的な思想である……正しく解釈すれば、正義の王、鄭の若様 は再臨の主の朝鮮名である。キリスト教が朝鮮に導入される前に、神は『鄭鑑録』を通して、 メシアはのちに朝鮮に再来することを明らかにした。今日、多くの学者は、この本に書かれた 予言のほとんどが聖書の予言と一致することを確認しているという。

統一教会は、神は文鮮明をメシアに選んだと教える。統一教会によって刊行された『原理講 論』の総序(序論)は、この点について明確である。「予定の時がきて、神は生命と世界につい ての基本的な問題を解決するために、使者を送った。使者の名前は文鮮明である。何十年ものあ いだ、彼は究極の真理を求めて広大な霊界をさまよった。この道の上で、彼は人類史上だれも想 像しなかった苦しみに耐えた。神だけがそれを覚えているだろう。もっともつらい試練を受けな ければ、だれも人類を救うために究極の真理を見つけることはできないと知って、彼はひとり霊 界と物質界の両方で、何千何方ものサ夕ンの軍隊と戦い、最後には彼らの全員に勝利した」
文師の使命はィエスの使命を完成することだった。彼は「完全な女性」と結婚し、エデンの園 に存在していた完璧な状態に人類を復帰させるだろう。彼と彼の妻は世界の「真の父母」となる だろう。彼らも、彼らの子供たちにも罪がない。文師に祝福された夫婦はその純粋な血統の一部となり、天国に場所を確保される。

個人として、私たちはみんなこの復帰のドラマに積極的な役割をもつ。メシアが地上に天国を うち立てる前に、人類は過去の罪を償わねばならない。統一教会員の用語では、彼らは人類の過 去の過ちを神に償うために「蕩減」を支払わねばならない。統一教会の厳格な行動規範—喫煙 の禁止、飲酒の禁止、賭事の禁止、婚外の性交渉の禁止—は個人がこの義務を果たすのを助け るためにもうけられている。
「原理の結論は、あなたがあなた自身、あなたの配偶者、あるいは子供たちよりも、真の父母を 愛する決心をしなければならないということである」と文鮮明は言っている。

わが父文鮮明の正体 – 洪蘭淑



韓国語の資料

김백문의 ‘섹스 타락론’, 무엇을 말하나
문선명 · 정명석 · 박윤식 등에도 드러난 ‘타락한’ 사상

이순화 Lee Soon-hwa 李順和 (1870-1936)

남방여왕 Nam Bang Yeo Wang

한에녹 Han Enoch  한교진  / Han Kyo-jin (1887-1973)

김성도  Kim Seong-do  金聖道  (1883-1944)


▲ 유명화  劉明花, 이용도  李龍道 / 李竜道, 백남주  白南性 1930

유명화  Yoo Myeong-hwa  劉明花

백남주  Paek Nam-ju  白南性  (1901/2-1949)

김백문  Kim Baek-moon  金百文  (1917-1990)

황국주  Hwang Kuk-ju  黃國柱  (1909-1952)

박태영  Park Tae-yeong
.   박을노 Park Eul-no  朴乙魯
.   박을룡 / 박월영   Park Eul-ryong / Park Wol-yeong

정득은  Chong Deuk-eun  丁得恩 / 鄭得恩  (1897–1958)
.    鄭得恩あるいは丁得恩(チョン・ドゥクン、薑菜擎

이유성  Lee Yoo-seong

문선명  Moon Sun Myung  文鮮明 (文龍明)  (1920–2012) /  한학자  Han Hak-ja  韓鶴子

정명석  Jeong Myeong-seok  鄭明析  (1945- )

진진화  Jin Jin-hwa

조희성  Cho Hee-seung  曺熙星  (1931–2004) 영생교

이영수  Lee Young-soo  李英壽  (1942- )

구인회  Gu In-hoe

최충일  Choe Chung-il

박인수  Park In-soo

박태선  Park Tae-seon  朴泰善  (1917-1990)

김풍일  Kim Pung-il

김종규  Kim Jong-gyu

유재열  Yu Jae-yeol  (1949- )

백만봉  Baek Man-bong

정창래  Jeong Chang-rae

심재권  Sim Jae-kwon

홍종효  Hong Jong-hyo

이만희  Lee Man-hee  李萬熙  (1931- )  신천지  新天地

“교회는 신천지 신도를 구하라” 변상욱 기자의 이유 있는 일갈 – 변상욱


이용도  Lee Yong-do  李龍道 / 李竜道  (1901-1933)


1.

2.

3.

관련기사
1. 새시대의 천국을 건설하겠다는 이순화(1870~1936)
2. 이 세대를 심판하러 왔다는 남방여왕(1920년대)
3. 새주님이라며 12제자를 뒀던 김성도(1882~1944)
4. 지금은 ‘새생명의 길’ 시대라는 백남주(1901년~1949년)
5. 한때 두때 반때의 원조 한에녹(1887년~1973년)
6. 친림·강신극의 원조 유명화(활동연대 1927년~1933년)
7. ‘피갈음’의 실천자 정득은(丁得恩, 1897년~?)
8. 너 피가름? 나 목가름! – 황국주(1909년~1952년)
9. 이단교리의 집대성, 김백문(1917년~1990년)
10. [이단계보 10]여호와의 부인과 복중교
11. 사이비종교 최악의 참사 ‘백백교’


이장림  Lee Jang-lim  李長林   다미선교회   다미선교회 시한부종말론 사건


구원파


▲ 유병언

유병언  Yoo Byeong-eon  兪炳彥   (1941-2014)
.    https://wikimili.com/en/Yoo_Byung-eun

박옥수  Park Ock-soo  朴玉洙 (1944- )  IYF

이요한 Lee Yo-han


교회와신앙

한국 개신교계 신종교의 윤리성에 대한 비판적 접근 (1)

한국 개신교계 신종교의 윤리성에 대한 비판적 접근 (2)

한국 개신교계 신종교의 윤리성에 대한 비판적 접근 (3)

한국 개신교계 신종교의 윤리성에 대한 비판적 접근 (4)

한국 개신교계 신종교의 윤리성에 대한 비판적 접근 (5)