8. 「血分け問題」に重大証言

「血分け問題」に重大証言
韓国現地取材、統一協会最高幹部が激白「文鮮明教祖のウソ」

‘Friday’    1993.9.3        6-7頁

▼ 元最高幹部から反論された文鮮明教祖

▲ ソウル市内の自宅の庭で取材に応じる劉氏


「文鮮明の言い分はすべてウソ。あの事件は全部、女の問題だった」

劉孝敏(リュウヒョウミン)氏(72・写真中央)はジャーナリスト・萩原遼氏の前で手を大きく振りなら強い口調でこう断言した。

劉氏は1954年に創立された統一教会の中で『36家庭』と呼ばれる幹部集団の一員だった人物だ。もちろん劉氏自身も最高幹部だったが20年前に脱会し、現在は銃器製造会社を経営している。

劉氏が語気荒く語っているのは、いわゆる「血分け問題」についてだ。血分けとは教祖である文氏がセックスを通して女性信者を救済する行為といわれ、最近では、俳優の中村敦夫氏が、「統一教会には血分けと呼ばれるセックスの儀式が存在した」と発言、これに対し、教会側が「事実無根」として告訴し、話題になった。

統一教会側は、「当教会には教義上にも実際にも血分けなるものは存在しない」と、全面否定している。

そもそもこの「血分け」が世間の口にのぼるようになったのは、劉氏の言う「あの事件」が契機になっている。1955年7月、文教祖と梨花女子大生や主婦との間にいかがわしい噂が相次ぎ、文氏を始め劉氏ら幹部6人が「不法監禁」などの疑いで逮捕された。3ヵ月の裁判の結果、文氏は無罪、劉氏には懲役8ヵ月の判決が下った。いわゆる「梨花女子大事件」である。

この事件に関する統一教会側の見解は、「文鮮明師らは、兵役拒否と不法監禁嫌疑で拘束されたが、裁判は兵役拒否で争われ、結局、文教祖は、この容疑でも無罪の判決が下った。したがって血分けはなかった」(牧瀬学広報部長)とのこと。

これ以降、1976年に「血分け」に関する文章を掲載した元教会員が実刑判決を受けたこと、1983年にも同じく「血分け」を批判したジャーナリストが教会員に損害賠償の支払いを命じられたことなどを例にあげ、「梨花女子大事件」の判例こそ「血分け」不在を主張する教会側の強い論拠である……としている。

ところがである。その裁判で実刑判決をうけた劉氏自らが、冒頭のように文氏らの主張に反する証言をしたのだ。劉氏の対応は初めのうちは「まだその時期ではない」と硬かったが、徐々に重い口を開き、いくつかの重大な証言をした。

「人類の始祖のイブは、エデンの園でヘビとセックスして堕落した。だから、堕落した人間の復帰も、セックスを通じて行わなければならないというのが統一教会の復帰原理です。教会では、その行為を“性役事(ソンヨクサ)”と言っています」

と「血分け」についての当時の定義を説明。さらに、文氏が無罪になった件も、

「それは、当の女性たちやその夫から告訴がなかったからです。やむなく検察側は、徴兵逃れのため年齢を偽った兵役法違反だけで起訴したのです。しかし、実際はすべて女との問題ですよ」

録音テープが回っているのを了承した上で、元最高幹部は、こう明言した。また萩原氏は、創立直後の会員で今はやはり脱会した作曲家の金徳振氏(80)からも、次のような血分け問題に関する証言を得た。「私は文鮮明氏に血分けされた女性と行為をすることによって、貴い血を受け継いだ。以来、私自身、16人の女性と血分けをしました。その女性がまた他の男性に血分けをする。数えてみたら、全部で72人になった。性のリレーですよ」

統一教会の「血分け」否定の根拠とされる「梨花女子大事件」に関する劉氏らのこの証言。当事者のものであるだけに、発言が投げかける波紋は大きい。


1955.9.21  동아일보  東亞日報

統一教会事件 昨日初公判    /   어제첫公判 統一教會 事件  ( 공판통일교회사건 )

写真は法廷に並ぶ被告たち。X印が文教主。▲

統一教会の教主文鮮明(ムン·ソンミョン)(本名 = 文龍明、36歳)は公判初日のため、ソウルの第4地方裁判所に現れた。午前10時半の審問は尹學老 ( ユン·ハクロノ ) 裁判官の下、姜瑞龍 ( カン·ソヨン ) 検察官が告訴した。(午後の審問は2時半に開始された。)当日の法廷は統一教会信徒とみられる女性で溢れていた。

文被告は複数の不倫容疑のため話題になっていたが、その日は兵役法違反の疑いのため被告として法廷に立った。これは被害者とされる女性からの告訴がなかったためである。彼とともに同じ教会に所属する被告も法廷に立った。彼らの容疑は次の通りである:金元弼(キム・ウォンピル)(28)(兵役法違反。年齢を6歳引き上げた疑い)、劉孝元(ユ・ヒョオン)(42)(兵籍申告不履行)、劉孝敏(ユ・ヒョミン)(36)(同上)、劉孝永(ユ・ヒョヨン)(35)(同上)。
開廷と同時に検察は告発内容を読み上げ、事実審理に進んだ。文被告は年齢の引き上げを認めた。法曹は年齢の引き上げが、徴兵の対象となる人物が32歳以上もしくは33歳の場合でも、兵役法違反になるかについて2つ論点を挙げた。対して姜検察官は告訴状にて、文被告が「キリスト教の教えに基づき、他人を傷つけ、殺めることを回避するため、年齢を引き上げ兵役を避けようとした」と指摘した。


 사진은 공판정에나선피고들 X 표가文 (문) 교주 ▲

『통일교회』 교주 文鮮明 (문선명) (본명 = 文龍明 = 三六 (삼륙)) 씨에 대한 서울지법제一 (일) 회공판은 작二 (이) 십일상오열시반 서울지법제四 (사) 호법정에서 尹學老 (윤학로) 판사담당 姜瑞龍 (강서용) 검사관여로 개정되었는데 이날법정은『통일교』신자로보이는 다수의 여성들로초만원을 이루었다

한때 많은『간통』사실이있다고 화제에 올랏던文 (문) 피고는 동혐의사실에대한 관계자들의 고소 가없어 결국 이날공판정에는 오직 『병역법위반』(연령七 (칠) 년인상) 피고로서만나섰고 그와함 께같은 교회관계자 金元弼 (김원필) (二八 (이팔) = 兵役法違反 (병역법위반) = 年齡六年引上 (연령육년인상)) 劉孝元 (류효원) (四二 (사이)  = 兵籍申告不履行 (병적신고부리행)) 劉孝敏 (류효민) (三六 (삼륙) = 同上(동상)) 劉孝永 (류효영) (三五 (삼오) = 同上(동상)) 등제피고도 재단앞에나섰는데 공판은 개정벽두검찰측 기소장낭독에 이어 사실심리가 진행되었다이날文 (문) 피고는 연령인상사실은 이를시 인하였는데 소집해당자 (三二 (삼이) 세)이상 (三三 (삼삼) 세이상)되는자가 연령을인상한경우에도 그것이『병역법위반』이되는가? 하는 문제에 대해서는 법조계에서도 두가지이론이있다 그런데 담 당姜(강)검사는기소장에서文 (문) 피고가『피를흘려 살생 (口生(생)) 을하지 않는다는 기독교진리에의해서연령을인상하고 병역을 기피하였다』고 지적하였다

1955.9.22  東亞日報

文敎主に二年求刑 統一教会事件

20日(1955年9月)に始まった「統一教会事件」第一回公判での事実審理の後、姜瑞龍 (カン・ソヨン) 検察官はそれぞれ次のように刑罰の適用を求めた。
▲ 文鮮明(ムン・ソンミョン)(教主)= 懲役二年
▲ 劉孝元(ユ・ヒョオン)= 懲役二年
▲ 金元弼(キム・ウォンピル)劉孝敏(ユ・ヒョミン)
劉孝永(ユ・ヒョヨン)= それぞれ懲役一年六月


1955.9.22  동아일보

文敎主에二年 統一敎會事件求刑

작보 = 二 (이) 십일 개정된『통일교회사건』제一 (일) 회공판에서 사실심리에이어 관여 姜瑞龍 (강서용) 검사는피고들에게 각각다음과같이 체형구형을하였다

▲ 文鮮明 (문선명) (교주) = 懲役二年(징역이년)
▲ 劉孝元 (유효원) = 懲役二年(징역이년)
▲ 金元弼 (김원필) 劉孝敏 (유효민) 劉孝永 (유효영) = 各各懲役一年六月
(각각징역일년륙월)

統一教會 事件


劉孝敏「統一協会の経済的基盤に貢献しながら裏切られた」

文鮮明教祖の「血分け」ルーツで 浮上した「女子大事件」

私が目撃した統一教会·文鮮明教祖の「SEXリレー」のすべて

最初の妻 崔先吉女史 が告白! 「文鮮明教祖の性の祕密」

中村敦夫 vs 統一教会「混淫派·血分け」論争の核心

Hyo-min Eu ‘Friday’ magazine article: Moon’s Gigantic White Lie