勝共連合

勝共連合 (新日本新書 344) [新書]
日隈 威徳
1984 / 1991

メシアの再臨を 自称す る文鮮明に率いられ、極端な轄国中心主義と反共を“教義“ とする国際謀略集団。その思想、歴史、組織の全容を内外の資料を駆使し徹底的に批判

  • 新書: 224ページ
  • 出版社: 新日本出版社 (1984/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4406010769
  • ISBN-13: 978-4406010764

目次

序章…………………………………………………………………………………

第一章 国際勝共連合=統一協会とは………………………………………… 19

   1 瓧朧の時代と反共主義  20

   2 反共主義の新しい行動部隊  23

   3 韓国型暗黒政治の持ちこみ 34

第二章 金とセ。クスと反共と………………………………………………… 39

     ― 文鮮明の実儼 

   1 文鮮明の私財形成術 40

   2 文鮮明の奇怪な経歴  47

   3 集団結婚式-嫋論文による解明  66

第三章 「文鮮明機関」への判決……………………………………………… 79

      アメリカでの活動 

   1 情報将校 · 朴普照の暗躍 80

   2 文鮮明の渡米以後   91                              

第四章 反共謀略活動の「聖化」……………………………………………… 105

     日本での活動I

     1 初期の日本統一協会 106

   2 反共運動への転換 112

   3 八〇年代の新しい策謀 126

   4 日本語版『原理講論』は何をかくしたか 130

   5 日本語版と原本の対照 135

第五章 「洗脳」して[戦士]に……………………………………………… 143

   1 勧誘の手口 144

   2 告発されたインチキ募金 · 販売 160

第六章 「神とサタン」の反共教義″…………………………………………… 173

   1 その基本的特徴 174

   2 神の存在証明-1荒唐無稽な「哲学」 184

     3 「性約」教義としての堕落論 189

   4 朝鮮語を使うメシア 198

   5 反共的蒙昧主義  202

   6 侵略的ファッショ史観  205

結章…………………………………………………………………………………… 211

 あとがき…………………………………………………………………………… 219