金百文の教えについて

金百文の聖神神学は1954年3月に出版されたものでした。その本の最初のページ「啓」にこんな文があります。
金百文はすでに1945年からこの本の内容は弟子たちに教えていました。金百文の教えは多くのことが原理講論の中で使っています。その事実を知るのは重要です。

「三位が一体的に、キリスト教の救いの歴史を図るためにおける各位の時代の歴史性を考察したところ、旧約の部位(父位)の歴史的な時代にされたように、新約の子位の主動的歴史時代として見ることができていることから、キリストの救いの歴史で、結局三位一体分の摂理的救いの成果を三位一体分の歴史の中で、歴史的(役事的)道理に見て最後の言葉の結果の時期には、聖霊位(聖神位)がすることが分担的使命の問題でとして知る時だ。」

以上のような金百文の理論は、統一協会の教義の責任分担摂理から見た時代区分のような点で、金百文の教義を盗作したと見ることができる。つまり、統一教会原理講論102ページの血統の問題(罪悪性の遺伝の問題)で、「悔い改めの超血統(超血統)に実績を見なければならないが、悔い改めの前は、例えば、朴氏血統に最悪な性格者が第3者として一族とは異なる者として考慮されるべきである。ここでイエスの体の問題(聖體問題)である聖血(聖血)の問題に結果的に意義が関わる事実だが、キリストの御血は罪のだけ価値的本本意が尽くされない事は尽くしがないことは原罪·贖罪の次に、その人にとってイエスとの血統性を感じさせる、すなわち、血統的ギャング縁結び(更結椽)のための聖賢現である。では、以上論じた金氏の子孫が順血統的に変化して、その次のイエスの血統性格に似て生まれ変わらなければならないということだ。


淫教のメシア • 文鮮明伝

聖神神学   성신신학   –   金百文  김백문  (著)  1954.1.25

김백문의 ‘섹스 타락론’, 무엇을 말하나

原理原本 1952년