統一教会教団内部ビデオ(1998年1月に撮影)

母の国使命完遂 結団式 1998年1月

統一教会教団内部ビデオ(1998年1月に撮影)

ナレーター: 1998年1月に埼玉県内で行われた集会の模様だ

垂れ幕:

「国家メシア歓迎」記念礼拝
~母の国使命完遂  結団式~

わずかに韓国語訛りの日本語で話す韓国人:

私が持っているこの所有が天のものであるかサタンのものであるか
それをはっきり知らなければなりません。
天のものとして分別しておかなければなりません。
ですから所有権を転換しなければなりません。
所有観念を はっきり はっきり はっきり 悟らなければなりません。
天の側に立つことができないならば
私の先祖すべてを殺す立場になる
私の後孫たちをすべて殺してしまう立場になります。

ナレーター: 韓国経済が破綻した1997年、その翌年行われたこの集会
教祖である文鮮明氏が大きな危機に直面しているとされ
信者一家族ごとに160万円の献金が求められた。

韓国人の男: 今日この時間この誓約書にすべてを書いて
自分の夫の名前 妻の名前 電話番号 所属
そいで自分の所有権の内容 これは自分の名前 名前である
もう自動車から家 ビルディング ビルディング
そして田んぼ 畑 もうすべてのものを全部書きなさい。

韓国人の男: 分かりました?

会衆: ハイ
韓国人の男: 分かりました?

会衆: ハイ
韓国人の男: 大きく答えてください
分かりました?

会衆: ハイ

誰もが歌う: 我はゆくんだ 御旨の道
母の使命を 果たすまで
韓国人の男: ハレルヤー

会衆: アーメン

韓国人の男: ハレルヤー

会衆: アーメン

ナレーター: 韓国から派遣された宣教師が
信者に献金をせまる実態を記録したこのビデオは
元信者が起こした複数の損害賠償請求裁判で証拠採用された。


全国霊感商法対策弁護士連絡会

2017(平成29)年2月16日

弁護士 山 口  広 :

当連絡会は,世界平和統一家庭連合(旧称世界基督教統一神霊協会,以下「統一教会」といいます)による霊感商法被害の救済と根絶のために,1987年5月,全国の弁護士約300名により結成された弁護士の連絡会です。

統一教会について
統一教会が,一般市民に対し,印鑑,念珠(数珠),石板,壺,多宝塔,釈迦塔,人参濃縮液などを先祖の因縁を解放するためなどと欺罔し,畏怖·困惑させて,不当に高い価格で売り付けたり,多額の貸付·献金を強要したりする,いわゆる霊感商法は,当連絡会が集計した被害者の相談だけでも,1987(昭和62)年から2015(平成27)年12月までの28年間に合計約3万3789件,被害合計は約1177億円にのぼっており,現在もなお同様の被害相談が継続して寄せられています(資料1)。

また統一教会は,「真(まこと)のメシヤ」であるとされる故文鮮明(2012(平成24)年9月3日死去)の指示により,「万物復帰」という教義の実践として,日本人信者に対し,強引な資金集めとそれによる献金を,毎月目標額を示して,その達成のための活動を継続させてきました。こうしたいわゆる霊感商法については強い社会的批判があり,再三にわたって献金や物品販売活動,ひいてはその信者勧誘活動についてまで,裁判所において統一教会の法的責任が認められてきたにもかかわらず,統一教会は,今でも霊感商法の手口による人参濃縮液などの物品販売活動や強引な献金強要を止めようとしません。全ての日本人信者が再臨のメシヤとあおいできた故文鮮明の死去後も,その後継者幹部らが,日本の組織に「いつまでにいくらを献金しろ」という過大な指示を出し続けているため,違法な手口による資金集めの活動を止めることができないのです。

念のため統一教会の法的責任が認められた判決が多数ありますので,その一覧を同封致します(資料2)。必要であれば,これらの判決文をお送りしますのでご連絡下さい。これらをご覧になれば判るように,統一教会の伝道や資金獲得活動で用いられる手口が違法であることは,すでに確立された判例となっています。また,こうした統一教会信者の行う違法な行為について,長期間にわたって,各地で刑事上の捜査,摘発がなされ,有罪判決が下されています。近年は特に霊感商法の手口について,特定商取引法違反や薬事法違反などで信者が相次いで摘発されています。その一覧も同封致します(資料3)。

こうした統一教会の手口はマスコミの報道,裁判所の判決等により広く知られるようになり,統一教会にとって従来の手口の霊感商法による資金集めは困難になってきました。そこで統一教会は,その正体を隠して資産を有する高齢者,未亡人,主婦等に近づきビデオセンターに通わせて,時間をかけて説得して献金を強要する外,その所有する不動産を担保に借金をさせて統一教会組織に提供させたり,銀行,サラ金などから借金をさせたりするなどしております。また,これらの正体を隠した違法不当な活動を効果的に展開し続けるために,2015(平成27)年9月にその名称を世界平和統一家庭連合(略称「家庭連合」)に変更しました。ただこの名称変更の認証にあたって文化庁は1年間は「旧統一教会」と明示して正体隠しの勧誘による被害発生抑止を指示しています。

1.当連絡会作成の被害集計表
2.統一協会の責任を認めた判決の概要
3.統一協会信者に対する刑事手続事例

https://www.stopreikan.com/kogi_moshiire/shiryo_20170216.htm

https://www.stopreikan.com/

https://www.stopreikan.com/madoguchi_higai.htm


検証・統一教会=家庭連合
─霊感商法・世界平和統一家庭連合の実態
山口広[著]

295-297頁

藤井会長 (当時) からの手紙と三〇〇〇万円の「聖本」

九三年一月十六日、私は、差出人「世界基督教統一神霊協会藤井羑雄」の内容証明郵便を受け取った。当時数十名の霊感商法被害者の被害回復交渉を担当していた私は、当方の返金要求に対し副会長が何か返事をしてきたのかと思いつつ開封した。ところが、文面はおどろくべきもの95だった。手書きの文書だ。統一教会会長兼天地正教会長の藤井羑雄の名義だった。

第一に、神山威から会長を引き継いだ彼は「統一教会会長として良心に従って、信義を守るように誓います。現在までの統一教会の部下の不始末、説明不足、誤解をお許し下さい」という。

第二に、「出来る限り負債額四千億円 (統一教会三千二百億円、天地正教八百億円) を解決」したいが、「根本的に整理し、再出発」するので、「統一教会並びに天地正教の支払いを一時停止」する。「静かに見守り下さい」ともあった。統一教会と天地正教とが実質的に同一であることや四〇〇〇億円の負債を認めたうえで、再出発するので支払いを止めると一方的に宣言していた。

私たちは、一月二十六日、この新会長作成文書について意味を明らかにするよう求める公開質問状を発送した。一月末、統一教会の法人登記上も代表者は藤井羑雄に変更されたものの、藤井氏からの回答はなかった。統一教会の借金のための窮迫ぶりを象徴するできごとではあった。

資料18  東京スポーツ2000年4月8日付

統一教会『霊感商法』の驚がく新事実

̏文鮮明本〟一冊 3千万円

『献金の見返り』と信者に手渡す


更に、二〇〇〇年から二、三年間、日本統一教会のトップである劉大行は、三〇〇〇万円を献金して文鮮明のみことば集である「聖本」をさずかるようにという指示を出しつづけた (資料18)。日本の組織で三六〇〇冊、つまり一〇八〇億円を集めよという「摂理」が末端にいたるまで信者の家計をしぼりあげた。これを達成するため末端で如何にひどい事態が発生したか山ほどの資料がある。ところが二〇〇四年以降には、一冊四三〇万円の「天聖経」なるみことば集をさずかるようにとの新たな「摂理」が下されて信者は苦しめられた。



旧統一教会に賠償命令 違法勧誘、東京地裁

2020.2.29 00:54 社会 裁判

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の信者から違法な勧誘を受けて多額の献金をさせられたとして、東京都に住む元信者の60代女性が約520万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日、家庭連合と信者に約470万円を支払うよう命じた。伊藤繁裁判長は「女性は信者から、亡くなった夫や長男が地獄で苦しんでいるとの不安や恐怖心をあおられ続けており、献金の要求は社会的に相当な範囲を逸脱した違法な行為だ」と指摘した。家庭連合には信者の使用者責任があるとした。

信者は約200万円を返金し、女性がその他の請求はしないとの内容で提訴前に合意したと反論したが、判決は「意思を確認せず、何の説明もなしに請求権を放棄させるのは、公序良俗に反し無効だ」として退けた。

https://www.sankei.com/affairs/news/200229/afr2002290002-n1.html


Shocking video of FFWPU / UC of Japan leader demanding money