献金の使い道

献金とその使途についての問題は、日本統一教会が経済中心に変わって行った1978年からと それ以前からで大きく変わってきます。
1978年の1610双のマッチング後に感謝の21日路程がありました。
それまで、なかなか日本統一教会で1日1億円の献金額を稼ぐことができなかったのが これ以後、月30億円から50億円の万物復帰による献金・上納金が可能になっていったのです。
この年以後は、ハッピーだけでなく、大学生の原理研究会のメンバー 教会所属のメンバーもキャラバンによる万物復帰(福祉やベトナム、カンボジア難民救済 北方領土返還運動などの嘘をつきながら)を大々的に開始しました。
その後、777双の元幹部(現在は教会を脱会した)W氏が姓名判断をしながら開運の印鑑販売をすることを思いつきそのアイデアをハッピーの古田社長が利用して、印鑑から壷、多宝塔、人参(1個8万円を120個単位で売る) 絵画宝石などの高額な霊感商法がはじまり、良い月で月100億円以上の献金額が上がって行きました。
悪くても月50億円以上です。
久保木会長の良き時代からF氏体制による経済中心の時代に大きく変貌した80年代と総括できます。
この辺の詳しい実態は、山口弁護士の本や朝日ジャーナル、有田氏の本などで詳しく述べられています。
ただ、あれは被害額で、表面化した数字です(実際は更に高額です。
細かな数字や年代、金額に間違いがあればご指摘ください)。
大きな節目を迎えるのが、86年から87年の間に朝日ジャーナルや朝日新聞による霊感商法批判キャンペーンです。
そして、内部的に借金による献金が、開始されたのがパンダ自動車摂理であり800億円以上の献金を文師から要求されることになります。
さらに、92年の3万双の祝福に前後して、全ての民放テレビ局から統一教会批判が、行われて、統一教会の経済活動、万物復帰が、非常に困難になり、借金返済が、不可能になっていきました。
その対応のために、文師は、94年に総延べ人数16万人の女性修練会を行い、士気を鼓舞させたのです。
しかし、新規会員は、増えず、逆に心が統一教会から離れる一方、祝福家庭の子供は、増えると言う状況で統一教会の財政状況は、全く改善されず、清平摂理などの話しで内部への霊感商法、借金による献金、借金を一般信徒へ負わせて行きます。
この25年程で、1兆円近いお金が国外に持ち出されたり送金されました。
1999年、2000年の2年間だけでも1300億円となるでしょう。
前置きが、長くなりましたが、こうした二十五年以上に渡る統一教会の経済活動を中心とした中でこのお金が、どのように使われ、一部のお金が、不正蓄財に使われたかをお話します。

さて、私は、1978年の日本統一教会の経済活動から統一教会が、嘘をついてもお金を集める経済活動、献金活動、霊感商法体質に大きく変質していったと見ています。現在までに、日本統一教会から海外へ送金された総額は、1兆円を超えるでしょう。
1978年前は、リトルエンジェルの維持費、アカデミーや科学者の会議、言論指導者会議など、むしろ、社会的には、一定の貢献をした可能性が、ある活動に使われています。
ただ、1966年に韓国の統一産業を創立して以来、一和、世一重工、韓国チタニウム、一信石材、一成綜合建設、興栄水産、世一観光などの創設資金、維持費として、日本からの献金や資金が、使われています。また、済州島の土地購入にもかなりのお金が、使われていますし、韓国の38度線近くの南側の土地も密かに購入されており、これら不動産は、文師の親戚や幹部たちの名前で、購入されています。
こうした企業の従業員は、統一教会員でない人も多くいましたが、韓国としては、大学も出ていない中では、高給をとれるということで、形だけ統一教会員になっている人も数多くいました。
こうした給料泥棒的な韓国人の統一教会員を養うのに、98年の経済危機で、大リストラするまで、毎月で、10億円から30億円(これには、後述する韓国の世界日報は、含まれません)以上の日本からの資金が、必要だったのです。
こうした企業や統一財団の幹部になった古い統一教会の幹部は、韓国では、当然の役得、日本的にいえば、不正蓄財した人が、朴さん、郭さん、金明大、ブラジル金こと金ヒョンデ劉大行現総会長、若手では、公職を今年追放されたチェ・イルドなどが、代表的な不正蓄財幹部でしょう。
さて、77年頃から文師は、ソウルの国会の前のヨイド広場に神殿を建てると言って一時献金を集めていましたが、当時の韓国政府が国会より高い建物を建てる許可を出さなかったために、神殿建設計画を中止。
そのお金は、78年から、映画「仁川上陸作戦」の映画製作に回されました。この映画は、当時の世界日報社長で、後の統一教会の6代目(1996年6月から98年3月)の石井光治元会長が、中心になって、作りました。この映画プロジェクトは、大失敗で、総額130億円以上を使いながら、米国で、わずか数週間上映されましたが興行成績が、まったくだめ、駄作で教会内でも教養のない、石井氏を使ったためだと避難が噴出したくらいです。
日本の世界日報は、75年に創刊されて以来、毎月1億円から4000万円ぐらいが赤字で、統一教会から援助されており、これも総額200億円近くが、使われたことになります。最近は、倒産寸前の状況だとのこと。
82年の5月にワシントンタイムズ紙が、できてから、これが、一番、お金が、かかっています。豪華好きな朴プーヒー氏が、大理石張りの社屋を建て、社員食堂は、一流レストラン並みの大理石の豪華版。ただ、米国では、レーガン政権には、重宝されていましたが、実業界、特にユダヤ人系の企業からは、ムーニーの新聞として、広告費が、全く入らず、創刊時で、200億円以上、週刊誌インサイト、月刊誌ワールドアンドアイも含めるとここ数年のリストラが、進むまでは、毎月10億円以上の日本からの資金がないと、運営できないような大赤字新聞です。したがって、1ドル250円という時代もありましたから、円計算は、複雑になりますが、ワシントンタイムズだけで、10年間で、10億ドル以上(朴ポーヒ‐氏の証言)、20年近くたった今では総額だと3000億円以上のお金を使っていることになります。これには、言論指導者会議や90年の4月のモスクワでの会議費用、ゴルバチョフ大統領へ渡したお金なども含まれています。
現在は、円が、120円ぐらいで、リストラをしているので、毎月ワシントン・タイムズ、インサイト、ワールドアンドアイにかかるには、6億円前後と聞いています。
80年代では、アラスカや米国の水産業にも100億円以上のお金が、使われ長い間、赤字体質が、続いていました。
八四年から八五年に、文師が、脱税で、ダンベリーに入獄させられていたときに、米国の牧師にビデオデッキ5万台を貸しだし、原理講義のビデオ3本セットを5万セット以上配るという摂理があった。この時に使われたお金が、50億円以上だった。
さらに、この時は、米国の50州で、大きな市にモービルホームの教会を設立して伝道活動することも実施された、実際は、日本人のメンバーが、大半だったが、この時、1千500万円近くするモービルホームが、200台以上購入されたつまり、30億円以上が使われたが、数年後、これは、全てお払い箱の廃車となった。
80年代、統一教会は、霊感商法によるバブルの時代でいろいろなところで、無駄なお金が使われ、浪費されている。
アフリカのある国では、材木を伐採して販売する計画が、海外宣教師からもたらされ、輸送する道路がないことが、後で判って、それを作ったが、売り先、材木の管理が、できず、結局、30億円以上の浪費をしたことがあった。この計画の責任者は、文師の親戚となっている郭氏だ。郭氏は、1999年の春に、香港のファンドで、献金を運用しようとして失敗し120億円を浪費しています。
80年代後半、統一教会が、霊感商法批判で、外部に対して経済活動が、できなくなり、統一教会が、現在の借金漬け体質になってしまった大きな転機となったのが、パンダ摂理です。
これは、八七年に文師が、中国に使節団を送って、提案したもので、広東省恵州に1500万坪の土地を借りて10億ドル以上の投資で、年間30万台の自動車を作る計画だった。日本統一教会にお金を集めることを文師は、命令したが、霊感商法批判で、お金を集めることのできなかった統一教会は、教会員の持っている土地を担保にお金をサラ金や銀行から借りることで、このお金を集めた。八八年から、パンダ摂理に投じられたお金は、800億円にも上っている。しかし、自動車製造技術を統一産業などは、持っていないので、ドイツのベンツなどの部品を作っていたバンダラを買収し、その技術をパンダに使おうとしたが、失敗、ここでも400億円以上の赤字を出して売却せざる負えなかった。結局、パンダ自動車の摂理は、失敗したが、残った工場を東南アジアの繊維会社などに貸して最近は、利益を上げているが、この利益を得ているのは、朴ポーヒ‐氏の子供とヘイグ米元国務長官などが作った会社に入っており借金漬けになった統一教会員には、全く還元されていない。
パンダに失敗した後、ベトナムのメコン自動車に投資したが、古田元男元ハッピーワールド社長などが、中心となってやったが、失敗した。さらに、今度は、北朝鮮の自動車工場建設にイタリアのフィアット自動車の技術とともに投資しようとしているが、これも浪費で終わると見られている。
他にも80年代には、フィリピンのミンダナオ沖の石油開発の利権話に騙されて40億円以上を浪費したこともある。
パンダ摂理については、朴氏などは、北朝鮮が、これによって、文師が、金日成と会うことが、できるきっかけとなったために失敗ではないと主張している。
89年2月に創刊された韓国世界日報の赤字も酷い。月6億円から10億円の赤字だからだ。つまり、総額1000億近い資金、日本の献金が、使われている。
また、韓国の経済危機以来、事実上銀行の管理下に入った一和もソウルオリンピックの前からメッコールを世界のコカコーラにとって代わるようにするとの文師の命令で、過剰投資をし八八年から年間40億円、八九年には、30億円、九〇年には、55億円以上の赤字を計上するなど、韓国の統一グループの企業は、日本からの献金を頼りに放漫経営を続けた。
この他、90年代に入って米国第二のケーブルテレビの会社を買収すると150億円を集めたが、この会社が、どうなっているのか何の発表もない。さらに、文師のプライベート飛行機に70億円以上集め、ブラジルやパラグアイの土地購入やウルグアイでのオキアミのたんぱく質による缶詰製造などのビジネスに失敗するなどで、500億円以上を浪費している。統一教会が、購入した土地などは、雨期になると水没するような場所も多い。
この他、ブリッジポート大学の購入維持、鮮文大学の購入維持費用にも100億円以上のお金が、これまでにかかっている。
1999年、2000年の2年間、ありとあらゆる名目で1300億円以上の献金を集めたが、毎月ワシントンタイムズ、韓国世界日報、ブリッジボート大学、鮮文大学の赤字、韓国の赤字企業の補填など、毎月30億円以上が、必要なため、これに、約720億円使い、さらに、郭氏のファンドの失敗に120億円、パラグアイ、ブラジルの摂理に500億円で、きれいになくなっています。
つまり、今後も日本統一教会は、毎月20億円から30億円の献金を要求し続けられるのです。

昨年1年間で、600億以上集めたのですが、今年に入って、現在もう10月を越えましたがやっと100億円を越えた状況です。
そして、献金している人の借金は、雪ダルマ的に増えています。自己破産者が、急増しています。
礼拝参加者も昨年の延べ人数から激減して、献金、献金、金、金しか要求しない統一教会に愛想をつかして距離を置き始めた人が、毎月増えています。
今回のキャンペーンが、始まった、ファックスによる勝利の証、献金要請でフャックスの紙が、2本もなくなって、もう紙も買えないという笑えない現実です。
電話代金を支払えないで、「相手先のご都合により、電話がつうじなくなっています」という電話が、急増しているとのこと。
また、東京、神奈川では、Dカード、Sカードなどのクレジットカードを統一教会員2000人が名義貸し(返さなくても良いという詐欺話に乗って)をしてお金を借りて、という詐欺事件を犯しています。5億円以上の詐欺事件に発展しており警察が、内偵しているとのこと。
今回の献金で、40億円以上集まるかもしれませんが、これが、統一教会の自滅への大きな一里塚になるのではないかと予想しています。
日本統一教会の幹部は、特別緊急献金の40万円を「全祝福家庭が、勝利しなかったから戦争が、始まった」などとまた、強制献金の理由にするのでしょうね。
先日、ある霊肉祝福を受けたおばあさんから相談を受けました。
このおばあさんは、多宝塔、釈迦塔、ピンクの壷、龍の壷など、総額2億円以上を献金しているのですがあの大母と称する金+++に霊肉祝福を受けなさいと言われ受けたそうです。
そして、金に相対者の名前は、鈴木と言われたそうで、祝福献金をさせられました。もちろん、相手の分も。
それで、鈴木の下の名前と、お墓の場所などを聞いたそうです。
「永遠の相対者なのだから、お墓参りくらいしたい」と純粋に思ったのです。
すると金は、あわてて怒りだし「どこの誰であろうと祝福は、受けるだけで、大変な恵みであってどこの誰でも感謝すれば良いのだ」と詳しく教えてくれなかったそうです。
しかし、教会は、その後もこのおばあさんの先祖だけでなく日本で一番多い名前の鈴木さんの先祖解放の献金まで、要求したとのこと。
今回、金が日本を訪問しているので、ぜひ参加して、私の相対者の名前なんていいましたか?
と聞いてごらんなさい。今度は、「田中」とでも答えるかもと言いました。
「どこの誰でも感謝すべき」と言いながら、金は、自分の息子が日本の岡山の777の祝福二世の人と文師からマッチングを受けたのが「日本人は、ダメ」と自分でマッチングしなおしたのに。
このおばあさんは、もう献金を出さなくなったので、あまり、教会から接触してこないそうですが亡くなった息子さんのことで「亡くなった息子さんが、霊界で苦しんでいる」と脅されるとついつい献金してしまうそうです。
大母と称している金某が、「アトピーは、従軍慰安婦の霊」によると言っているが、「韓国にもアトピーはある」。
これは、韓国兵のベトナム従軍の時の従軍慰安婦が、原因なのでしょうか?
また、清平の売店の利権は、金某の夫が握っており、あそこで売れるもののリベートが入るようになっている。
特に漢方薬は、完全に利権。
文師は、10分の1は、教会の為に、10分の1は国のために、10分の1は世界の為に献金しなさいと言っていました。
それが、最近、日本からの献金の集まりが、悪くなったので、まだ、献金を出す人により多く出させるために、10分の3献金の原則を強く押し出してきたのです。
さて、現役の皆さん、本当に10分の3献金する決意は、ありますか。
それなら、所得税抜を抜いた後の10分の3なのか、所得税を抜く前の10分の3なのか、個人事業主なら、消費税の問題、経費の問題どのように考えるのか10分の3献金の話しをしたアベルに聞いてごらんなさい。
色々、いいかげんな回答が、返ってきますから。教会長、小山田会長、皆、きちんと回答しません。
なぜなら、文師自体が、そんなこときちんと考えないで、打ち出しているし皆、それを達成できないと思ってるからです。
文師にとっては、達成できない目標をいつも掲げることによって、日本人の失敗や蕩減摂理の延長をいうことができるのですから。
摂理が、延長した時に中心人物の失敗は、原理講論に嫌というほど、書かれていますが、文師の失敗は、教会内では、タブーなぜなんでしょうね。


以下、元統一教会員、南北統一氏の投稿より

2006年11月3日、詐欺罪に問われソウル東部地区検察に逮捕(2004年7月20日)されていた朴ボーヒに判決が出た。
「懲役3年、執行猶予5年」を裁判長より言い渡された。
この事件は、一和のメッコール(麦コーラ)事業が失敗し、その広い工場跡地 にマンションを建てるという計画で朴ボーヒが多くの資金を募った。
しかし、マンション建設は進まず、資金も流用され、「詐欺罪」が問われたも のだ。
執行猶予はついたといっても有罪に変わりは無い。
かつて統一教会のNO2として立ち振る舞っていた朴ボーヒの人生最後の結末は お粗末としかいいようが無いものだ。
統一教会の無計画・無責任な事業が、また一つ問題になろうとしている。 それは「清平」の事業だ。
特に、清平に建てられた「清心病院」は毎月5億ウォンの赤字を計上している 。
この病院は統一教会では「どんな病気でも治らないはずがないなんといっ ても天使が働いてくれて治してくれる」(?)と自信満々で語られている。
しかし、現実は最初に「清心病院」の院長に選ばれたのは、文教祖の歯を担当 している歯医者だったが、あまりの赤字経営に恐れをなして米国へ逃げて行っ た。
その後も、経営が好転する事も無く今日を迎えて、ますます赤字経営に陥って いる。
入院患者を抱え経営破たんすれば、人道上の問題というより、犯罪行為 に等しい事件だ。
当然、この赤字は日本信者の献金で穴埋めされる。 日本人信者に対する献金強要は止まらない。
また、今年開校した中高等学校も大赤字だ。
有名新学校の学校長や教師をヘッド・ハンティングして建てた学校なので統 一教会の信者の子弟より、韓国の一般社会の富裕層の子弟が入学した。
しかし、無計画・無責任な学校経営は、大赤字を産み出した。
存在した計画は、「日本統一教会の信者の献金」が恒常的に韓国に送金されるだろうというもの。
学校や病院といった物が与える社会的責任感は、統一教会には無いに等しい。
また、赤字の穴埋めとして日本統一教会の信者が献金強要をされ成すすべも無 く「霊感商法」や「なりすまし詐欺」を行う事になる。
この自浄能力を喪失した統一教会の姿は、崩壊寸前の末期症状を顕している。

現在、統一教会では訴訟が増加している。特に、古参の信者が統一協会を訴え るケースが増えてきた。
理由は「救済されると言われて、信仰生活を歩んできたが救済された実感も無く(先祖開放、祝福による原罪清算等々)いつまでも続く金額の大きい献金 による生活の破綻に対する協会の責任を問う」といった内容だ。
この古参信者の訴えは、どんなに長く信仰生活を実践しても「救済」された実 感の無い事実を証明している。
また、北海道では「新たな青春を返せ訴訟」が起きている。
印鑑販売していた統一教会信者が、印鑑を買った顧客と共に、騙されたと立ち 上がった訴訟だ。
かなりの集団訴訟で訴訟金額も大きい。
これらの訴訟に対して統一教会本部は、なるべく「和解」に持ち込み裁判件数 を増やさない、という方針だ。
つまり、訴え出た者には返金を持って答える(金で黙らせる)という事だ。
また、献金は「救済」される事を前提に統一教会は信者に強制している。
そこに信者側の「救済」の実感が無いという事は、騙されたという根拠になり うる。
神の恩寵という「他力的」救済や清平の儀式や献金を通じての先祖開放は献金をしたら救われるという「他力救済」そのものだ。
そこに、救われた実感無き信者の存在は、統一教会の救済がニセモノだった証 拠といえる。